SACO DESIGN
Top News About Contact Archive Blog
About
 
洋服をつくっているSacoKeiの2人組ユニットです。
 
1991年に別々の会社でデザイナーをしていた二人が、結婚を機に独立をして
自由ヶ丘で企画事務所をスタートしました。
1993年に国立市に引越した時、Keiの『自分が着たい服を作りたい』の一言から
服作りを始めました。
幸い勤めていた時にお世話になった機屋さんや縫製の人たちの協力もあり、ある程度
作品が揃ったので他の人達にも見てもらいたいと考えていた時、あるギャラリーから
『個展をしませんか』と声をかけて頂いたのが個展販売の始まりです。
その後、『着・楽・服』という名前で各地のギャラリーで個展をさせて頂いています。
 
『着・楽・服』という名前は『着て気持ち良く、着て楽しくなれる服』という思いからです。
『自然素材の肌触りの良い布で、その人らしさがにじみ出る、思わず笑みのこぼれるそんな
服になるように』という気持ちで作っています。
 
服作りは作りたい服のイメージを思い描き、それに合う素材を作ってもらう為に国内の
いろいろな産地に出掛ける事から始まります。
そして産地の機屋(はたや)さんにお願いして織り上げて、編み上げてもらいます
気に入ったものになるまで、何度も試し織りをお願いすることも多々あります。
ときには機屋さんの作った物の中で気に入った素材を使わせて頂いたりもします。
そうして出来上がった素材を元に、形を考え、自分達で型紙を作り、見本を作り、修正を重ね、
長年お願いしている腕の良い職人さんに縫い上げてもらい、ときには最後に少し手を加えて完成です。
㈲ 迫デザイン

Copyright © Saco All Rights Reserved.

略歴

1993年   keiの服(編布の服)の製作を始める。

        自遊工房ギャラリースペース(国立市)や自宅アトリエで展示販売を開始。

1994   Sacoの服(織布の服)の製作を始める。

       『ギャラリー梯』企画展     (東京都・神楽坂)

       『Inaxギャラリー金沢』企画展示 (石川県・金沢市)

1995年   『 fu do ki 』企画展     (東京・青山/現在地は板橋)

       『AVASH』企画展        (愛知県・名古屋市〜2002年)

1996年〜   『花かぶき』企画展       (広島県・広島市)

       『歩”ら里』企画展        山梨県・北杜市〜2005年)

1997年〜   『ギャラリー梅鳳堂』企画展   (北海道・札幌/旭川)

 

 

       その他『ギャラリーCOMO』    (東京・南青山)

          『スタジオ ナイーブ』  (青森県・青森市)

          『ギャラリー花ごろも』  福岡県北九州市)

          『住吉倶楽部』      (兵庫県・神戸市)

          『やちむん館』      (沖縄県・石垣市)等各地で企画展。

 

2010年〜  広島県尾道市にアトリエ・住居を移し、現在にいたる。